デザインセンター

デザインのクオリティーコントロールを担う

特徴

デザイン分野における産学連携

大学広報を中心にデザインのクオリティーコントロールをおこなう部署として、デザイン分野を専門とする本学教員と、本学メディア情報文化学科(現デジタルアート・アニメーション学科)の卒業生が中心となっている株式会社グラフ(本社:大阪市)とのコラボレーションにより、JIAMSを拠点として2006年度からその活動を開始しています。

価値あるデザイン表現の実験場

受注した案件について、教員のアートディレクションのもと、印刷を軸にコンテンツ開発の技術集団である株式会社グラフの確かなプロダクトワークを通して、広告表現やコミュニケーションメディアとしての価値を高めるビジュアル表現を追求し、実験的精神を持って多彩なデザインワークに取り組んでいます。

JR額面広告
駅電照看板
大学パンフレット
ラッピングバス

詳細

これまでの活動実績 2006年度25件・2007年度30件・2008年度23件
主な内容 JR額面広告、新聞広告、雑誌広告、駅電照看板、大学Webページ、 大学パンフレット、学部パンフレット、大学院パンフレットなど。